Laser Processing Lounge A16

愛知県豊川市 レーザー加工、サンドブラストによる加工はA16へ。

ブログ

HOMEブログ > レーザー彫刻 > 仕上げが大切なんですよ!

仕上げが大切なんですよ!

日付 : カテゴリー : レーザー彫刻, 日記

風が強すぎて学校もお休みになる程の豊橋。 台風以外でも警報ってヤバイね。

こんばんは。愛知県豊橋市のレーザー加工SHOP A16 のエイイチロウです。

今朝の空

はい、今日のタイトルの「仕上げが大切ですよ!」ですが、何でも仕上げというものが有りますよね。最後のまとめってのかな!? どんな事でも、ここを疎かにすると今まででのプロセスっての?工程が台無しになってしまうよね。そんな事を思います。

僕はレーザー加工って事をしていますので、その為には加工するデータってのが必ず必要になるんだけど。そんなデータの仕上げについて少しだけ書こうと思いますね。

加工データはIllustrator ってPCソフトで作ります。

ほぼほぼ、加工に必要なデータはIllustratorってソフトで作ります。なかなかIllustratorって使う人がいるとか、いないとか。 まっCAD(DXFデータ)でも良いのですが、今日はIllustratorでのデータ作り(トレス)の事ねっ

トレスって、何? ですよね。  簡単に説明しますねと、絵を真似るって事! 以上!

おいっ! それだけかっ! って、なりますのでもう少し^^

トレッシングペーパーってのが有るんだけど知ってる? 透ける紙ってのかな? そんな透ける紙で描きたい絵をなぞった覚えがないです? 

トレスって、ベースになる物を上手に真似て描くって事ねっ 図が書いてある紙の上透ける紙をのせて書き写すことを意味する「トレース」を略した語。 とも書かれてました。(ネットにて)

戻ります。 でっ お客様から「こんなの作ってよー」ってなった時、レーザー加工にはデータって物が必要なので、まずはデータ作りからになります。 もしお客様がそのデータを持っていればそのデータを使用します。(著作権有る物は出来ませんが)でも無い場合がほとんどなので、データ作りからって事になります。(データ作成費いただきますけど)

Illustratorのライブトレス機能に頼りすぎない事。

Illustratorのライブトレス機能って素晴らしい♪ 手書きの文字だったり、絵だったりもワンクリックで加工データにしてくれますから^^

ワンクリックでベクトルデータに

でもね。細かな所が気になるんだよね。

ぬぬぬ

おおおおおおお ってね。 パッと見では分からない部分も、正直に読み込むレーザー加工機です。なので、そんな細部まで目を光らせるのが僕たちの役目。

マジでライブトレースって便利なんですよね。でも、こーいう所が気にくわない自分がいます。笑

木を切ったらケバケバをカンナで整えるでしょっ! 鉄をカットしたらサンダーでバリ取るっしょっ!  みたいな感覚で僕はデータを仕上げてるつもりです。

便利なツールは使わなきゃねっ でも、最後の仕上げも必要だよね。 そんなふうに思います。

今後、もっと便利なツールが出てくると思いますが、やはり「人」が。ひと手間加える事が大切何だよな。でも、そんな時代もいつまで何じゃろか・・・ 

新しいツールが生まれる度に、少し切なくなる50代のオッサンだったしますけどーーーー 汗。

でわ。

TOPへ