Laser Processing Lounge A16

愛知県豊川市 レーザー加工、サンドブラストによる加工はA16へ。

ブログ

HOMEブログ > 2015 > 5月 > 07

日付 : カテゴリー : 日記

おはようございます。

愛知県は豊川市でレーザー加工とサンドブラスト彫刻をしております、レーザー加工ショップA16エイイチロウこと鈴木でゴザイマス^^

皆様、大型連休は如何お過ごしでしたでしょうか?  レーザー加工ショップA16ではファクトリーギア豊橋店さんにてイベントを行ってたんですよね。

その時の様子はアメブロ記事にアップ致しましたので宜しければ→ここクリックしてね^^

 

たくさんのお客様の笑顔に会えて、ホントに楽しいイベントでした。ファクトリーギアさんホントに有難うございました! コチラも必見!!澤山店長のブログ

そして、もう一人、いつもこのイベントで御一緒させて頂いてるピンストライパーのLAINNY 、アリガトウね^^    LAINNYのブログ

 

出先でのレーザー加工はあまり凝った事も出来ず、写真彫刻をする程度でしたが・・・ 少しは皆様にレーザー加工ってものを知って頂けたかな~ と自負している今日この頃。

そんなイベントの時によく聞かれるデータについて今日はお伝えしようと思います。

 

まず、レーザー加工をするにあたり必ず欲しいのがデータになります。 データにもいろんなモノが有りますが、一般的にはベクトルデータと言ったデータなのですがご存知でしょうか?

 

 

irare

 

Adobe Illustrator で作ったデータなら良いのですが、一般の方々はそんなソフト持っていませんよね。

手書きの絵などはこのソフトでトレースという作業が必要になりますので、レーザー加工、レーザー彫刻をする場合には、どうしてもデータ作成費用(トレース作業費)がかかってしまいます。

 

では、トレースって何っ?

って事ですが、簡単に説明すると、子供の頃によく真似て書きたい絵なんかの上に薄紙をのせてなぞって書いた覚えがありますでしょ?

こんなふううにして、書き書きと↓

002

ズバリ! あれと同じなんですよね(笑) あれをAdobe Illustrator ってソフトで作ったのものが僕たちが使う加工データとなります。

下画像では赤線でトレースしてますが、分かりますか?

無題

 

簡単なデータ作成なら良いのですが、複雑なデータですと、やはりかなりの時間がかかってしまうためにデータ作成費用も膨大になってしまいますのでご了承下さいませ。

印刷会社さんなんかは特にそうですね。ステッカーの作成ですとか、Tシャツの作成時なんかの版下はやはりこのIllustratorでのトレースなどをするんじゃないのかな?

 

そんなこんなで先月末のお客様です。 九州のお客様、T様でございます。この僕のホームページを見てお問い合わせ下さいました。

嬉しいですよね~♪ こんな僕のホームページでも見てくれるお客様がいるなんて!

 

coolなピンストライプのデザインをIphone6の木製ケースへレーザー彫して欲しいと言うご依頼だったのですが、やはりこの時も同じようにトレース作業をしてから、レーザー加工させて頂きました。

 

元画像。

田上

完成品。

009

データ作成費用が高くなってしまいましたが、お客様が喜んで頂ければそれで最愛です^^

九州のT様、先日は有難う御座いました。 大切に使って下さいね~♪

 

今日はデータ作成について簡単にご説明させて頂きました~

でわでわ。

 

今日も一日、皆様がハッピーで有りますように~♪

 

 

TOPへ