Laser Processing Lounge A16

愛知県豊川市 レーザー加工、サンドブラストによる加工はA16へ。

ブログ

HOMEブログ > 2017 > 3月 > 07

心の通じたスタッフってそう簡単にいるもんじゃない。

日付 : カテゴリー : 日記

今日は良いお天気かと思ったのにな。一宮の方では雪が降ったとか。

 

少ししか距離の違いはないのにな。そんな今日です。

愛知県豊川市のレーザー加工ショップ A16エイイチロウこと鈴木英一郎です。

 

 

心の通じたスタッフってそう簡単にいるもんじゃない。

IMG_6367

ウチは4名のスタッフと僕とドライバーさんの6名で業務をこなしています。あっ段ボール加工部のスタッフの事ね。

レーザー加工や、サンドブラスト彫刻は僕一人でやってますが 笑。

ドライバーさん以外は皆女性でやりくりしています。

今日はそのうちの一人の女性スタッフの事です。

年齢も同じ事もあってか、いつもお友達のような感じでお仕事で遊んでくれています。

僕と年齢が同じって事ですから、親御さん達も高齢者。健康状態が気になります。

も〜 ウチの母親も半分ボケて来てますからね 笑。

 

先月辺りから、お父さんの具合が少しずつ悪いとの事で病院への付き添いだったりと、お仕事を休まざるを得ない状況がしばしば。

兄弟もいない一人っ子の彼女ですから、何から何まで一人で頑張ってます。 子供も息子さんばかりなので女手が欲しい所だよね。

頼る人がいないって事も分かりますが、本人が壊れなきゃ良いなと、いつもコッチがハラハラです。

 

「仕事は残りのメンバーでカバーするからお父さんの事頑張ってね〜」 の僕たちの言葉にも、彼女は。

「仕事に来ているから気が紛れるの。みんなとお話してるだけで紛れるの。」 と答えてくれます。

 

そうなのか〜

僕たちは生産してるだけじゃ無く、仕事しているだけでもないんだな。コミニュケーションをとる事でスタッフの心も楽になってるんだなと。

男性ばかりの家庭だから同性とお話するって事も楽しかったり。仕事を通じてでしかそんな事出来ないんだな。

仕事を通じて知り合った仲間でも、心の支えになってあげられるんだな。 などなど思ってしまうワケです。

 

僕の娘が卒業や大学受験の時にも、一緒になって喜んでくれたり。

母親が交通事故した時にも、一緒に心配してくれたり。

もう本当の意味での仲間です。

 

彼女たちがいてくれなかったら? と考えると。 今の我が社は無いのではないのだろうか?

特別に盛ってるわけじゃないけど、土台になってくれてるのはやはり、スタッフである彼女たちなんだな。

彼女たちスタッフがいてくれなかったら、僕のやりたい事も出来ないワケで・・・。

そう思うとスタッフ達に感謝以外の思いが浮かばないな。

 

まだまだ正直、心が完全に通じあえてるとまで言えませんが、スタッフは僕の大切な仲間。これからより一層絆ってものを深めたいな。

そして、そんな仲間たちをもっと楽しませてあげたいな。 例えるならばワンピースのルフィーのように〜♪

 

そんな事を感じました。
ウチを職場として選んでくれて有り難う。

TOPへ